社内コミュニケーションで失敗しない4つのスキル

セクハラ、パワハラ、アルハラなどなど、

様々なハラスメントという単語が横行している日本社会。

職場の同僚にコミュニケーションをしっかり取ることで、セクハラやパワハラになりにくくなるというウワサがあります。

でも、その問題解決のための前向きな行動が、逆にハラスメント認定されてしまう結果を生むことになっているかも。

『いったい、どーすりゃいいのよ?』

四面楚歌で八方塞がり・・・。

『このままでは、社内の誰とも口を利けなくなってしまうのではないだろうか…』

そんな不安な毎日を過ごされている方もいるのでは?

今回は、社内コミュニケーションで失敗しない4つのスキルついてお伝えします。

社内コミュ二ケーションで失敗しない4つのスキルはコレだ!

コミュニケーションは英語ですがその意味は、「人が互いに思いを伝え合うこと」です。

そのコミュニケーションに失敗しないためのスキルがこの4つ。

  1. 仕事中心の話題を心がける
  2. 余計なことは言わない
  3. 清潔感に気を配る
  4. 謙虚さを持って接する

この後に順番に説明していきますが、まずは、悪い例としてワタシの周りで起こった失敗例から習っていきます。

社内コミュニケーション失敗例

ワタシは飲食業界で10年以上働いていますが、最近他店へお邪魔した時、女性のアルバイトスタッフからこんな相談を受けました。

そのスタッフは、以前ワタシと同じ店舗で働いていたこともあって、ある程度信頼してくれていたのだと思います。

彼女曰く、たまにお店の様子を見に来るエリアマネージャーから、スタッフルームで二人きりの時に彼女にある一言を放ったそうです。

『今日も可愛いね!』

ハイ。それだけです。

たったそれだけ。

でも、彼女にとってはその一言がとてつもなく気持ち悪く感じたそうです。

『今日も可愛いね』

これって言葉だけを見たら褒め言葉ですよね。

でも、彼女にとってはバッチリど真ん中のセクハラワードになってしまったわけです。

コミュニケーションに失敗しないために信頼を獲得しよう

当たり前のことではありますが、ハラスメントを受けたかどうかの判断は、言った側ではなく、言われた側、つまり、受け手がどのように捉えるかがポイントです。

よく報道でも、「そんなつもりはなかった。」などと言った、主観的な考えを主張していることを目にしますが、残念ながらお門違いということですね。

1番の原因は信頼を得られていないこと。

お互いの関係性をよーく考えて、どの程度信頼関係を築けているかを考える必要があります。

  • 出会ってからあまり時間が経過していない
  • 会う頻度が少ない
  • 会ってもそれほど会話をしていない

状態で、質問や冗談のつもりでデリケートなことを聞いたり、言ってしまったりすると即アウトなわけです。

改めまして、社内コミュニケーションで失敗しないスキルはこの4つです。

  1. 仕事中心の話題を心がける
  2. 余計なことは言わない
  3. 清潔感に気を配る
  4. 謙虚さを持って接する

では、順番に考えていきましょう!

コミュニケーションスキル1.仕事中心の話題を心がける

あくまで仕事上の関係であるということを心がけること!

仕事熱心な姿勢が伝われば『信頼できる真面目なヒト』であることが伝わります。

もちろん、緊張感を解くためにプライベートな話題を降るのも良いですが、踏み込みすぎると受け手側は嫌悪感を抱かせる原因になるのでご注意を!

コミュニケーションスキル2.余計なことは言わない

特に女性は見た目や身体の部位に関することへの発言に敏感です。

超絶イケメンに言われて嬉しいセリフも、悲しいかな一般ピーポーに言われるとセクハラ認定されることだってあります。

信頼関係を築けてないと思うのであれば、身体の部位やメイク、ファッションなどは、突っ込んで話題にすると思わぬ地雷を踏んでしまうことがあるので気をつけましょう。

 コミュニケーションスキル3.清潔感に気を配る

意外にできていない方が多い清潔感への気配り

スメハラなんて臭いへのハラスメント用語もあるので体臭や口臭へのケアは必要です。

デオドラントスプレーやボディシートを使い特に夏場はケアしましょう。

他にもヒゲ、髪型、服装などに清潔感がないと女性は敬遠します。

『生理的に受け付けないわ』と思われてしまったら、いくら真面目でも仕事熱心でももうどうしようもありませんのでご注意を!

コミュニケーションスキル4.謙虚さを持って接する

最も重要なのは『謙虚さ』です。

初対面なのであれば、年下だろうがアルバイトだろうが敬語で話すこと。

主観的な考えだけでなく、客観的に相手の立場になって考え行動すること。

ただでさえ、アルバイトや部下はいろいろと上司に気を遣っています。

もちろん、職場の上司に対して最低限気を使うことは大事だと思いますが、必要以上に余計な気を遣わせるのはナンセンス!

だって、ワタシたち接客サービスのプロフェッショナルですからね!!

しっかりコミュニケーションを取れて、信頼関係を築くことができれば、多少の言葉のチョイスミスも許されるし、ちゃんと仕事でも言うことを聞いてくれます。

もし今はまだ上手くいっていないアナタも、なんとかするために今回の4つのポイントの中で、何か足りないものがあれば、ぜひ実践して変えていきましょう!

その行動が、アナタのコミュニケーションスキルを高め、同僚や部下との良好な関係を築くための大きな一歩になりますから!

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする