うざくて嫌いな店長にならない4つの方法

仕事をする上ではみんなプロフェッショナル。

プライドを持って臨んでいるヒトは多いでしょう。

でも、部下の社員やアルバイトから「店長うざい」「店長嫌い」と言われて悩んでいるヒトもいます。

ウチのアルバイトスタッフにも『掛け持ち先の店長と人間的に合わないから辞めようと思っています。』と相談してくる子が今まで何人もいました。

ワタシも昔は、アルバイトスタッフと感情的になってよく衝突をしていたものですw

でも、そんなことで信頼や貴重な人材を失ってしまうのはもったいない!

ということで、今回はうざくて嫌いな店長にならない方法をご紹介。

うざくて嫌いな店長にならない4つの方法

ポイントはこの4つ。

  1. 全部自分の責任
  2. 矢面に立つ
  3. 悪いと思ったら『ごめんなさい』
  4. 感謝を込めて『ありがとう』

正直、何も難しいことはありません。

当たり前のことばかりです。

でも、当たり前ってなかなか難しいもの。

では、順番に説明していきます。

うざくて嫌いな店長にならない方法1:全部自分の責任

  • 売上が上がらない
  • クレームをもらう
  • スタッフが成長しない

他にもいろいろありますが。全部アナタの責任です。

そう。全部アナタが悪い。

というと、なかなか心に刺さりますね。

でも、事実そうなんです。だって店長だもの。

心が弱い人間は、他人のせいにしたがります。

その方が楽だから。

そんなヒトがいたら、店長という職に就きながら責任放棄しちゃってるんですね。

だから、このように考えることが大切です。

『このお店で起こる良くないことは、全部アナタの責任です』

『このお店で起こる良いことは、全部アナタ以外のスタッフのおかげです』

この精神を、ココロのド真ん中に一本通しましょう!

その責任感と姿勢が信頼できる店長を育ててくれます。

うざくて嫌いな店長にならない方法2:矢面に立つ

  • アルバイトがお客様にドリンクをこぼしました。
  • 部下の社員が予約を取り間違えました。
  • 食材の発注ミスでビールが足りません。

いろいろあります。

全部、お客様ブチ切れレベルの案件ですw

そうならないためのリスクヘッジをすることは当然ですが、どうにもならないときもあります。

だから、怒られるときはもう潔く怒られましょう!

周りの人間のミスであっても、最後まで責任を持って対応するのが店長の仕事です。

ミスをしてしまった人間は、自分のミスでお客様に怒られる姿を見たときアナタに感謝の気持ちを抱きます。

うざくて嫌いな店長にならない方法3:悪いと思ったら『ごめんなさい』

  • 店長だってミスします。
  • 店長だって体調悪くなります。
  • 店長だって時にイライラしちゃいます。

でも、悪いことをしてしまったと思うなら、

『ごめんなさい』ってちゃんと謝りましょう!

責任が重くなれば重くなるほど、本当に謝れないヒトが多い…。

悪いことをしてしまったら謝るという姿勢が、周りのスタッフからの信頼に繋がります。

うざくて嫌いな店長にならない方法4:感謝を込めて『ありがとう』

  • アルバイトがシフトに協力してくれました。
  • 部下が追加のオーダーを取ってきたので売上が上がりました。
  • キッチンスタッフがホールの片付けを手伝ってくれました。

ちょっとしたことでも助けてもらえたことに、感謝の気持ちを言葉で伝えましょう。

店長ひとりではお店を営業することはできません!

ひとつひとつの協力を『当たり前』だと思わないこと!

感謝の気持ちを伝えることでスタッフとの絆がより深まります。

うざくて嫌いな店長にならない方法のまとめ

1.全部自分の責任

→周りのせいにせず、責任者としての自覚を持つ!

2.矢面に立つ

→周りのミスをリカバリー。自ら頭を下げることが感謝を生む!

3.悪いと思ったら『ごめんなさい』

→ミスをしたら、しっかり謝罪。それが信頼に繋がる!

4.感謝を込めて『ありがとう』

→感謝の気持ちを言葉で伝える。それが強い絆を結ぶ!

ワタシもこの実際に店長職を務めてみて、責任と謙虚さを併せ持つことが大切だとつくづく痛感させられます。

過信はしてはいけませんが、この4つを意識して仕事に臨んでいれば、もううざくて嫌いな店長と言われることはありません!

もし、どこか思い当たってしまうことがあっても大丈夫。

このブログを読んでくださっているということは、すでに改善の一歩を踏み出しています。

今日も責任者として楽しくてやりがいのある仕事に臨みましょう!

スポンサーリンク
記事下




記事下




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事下